教育コンサルタントの目線で体験授業の様子や教師の感想などを更新しています。

教育コンサルタントによる日誌です。教育のポイントとしてお役立て下さい。

教育コンサルタント日誌

気がついた2つの改善点

2018年06月12日

こんにちは!教育コンサルタントの清水です。

今回、体験授業にお邪魔したご家庭は、中学受験合格を目指す小4女子の生徒さんです。小3から中学受験専門塾である四谷大塚に通っていましたが、少しずつ成績が低下してしまい、効率的な学習の進め方が分からないため、プロ家庭教師を依頼することになりました。小学4年生としては珍しく、学習にはとても前向きで、「成績を上げたい!」という意欲が強い生徒さんです。小学4年生とは思えないほど、礼儀正しい話し方をします。

 

日ごろ、勉強時間はきちんととっているものの、算数と国語の成績が伸び悩んでいます。体験授業前の話し合いでは、まず四谷大塚のテストを見せてもらい、伸び悩んでいる問題点がどこにあるのか、確認する先生の目は、真剣そのものです。その後、授業に入ると、楽しそうな笑い声が聞こえてきました。早速、先生と打ち解けている様子です。

 

体験授業の間、ご両親と私、清水がお話しをしました。お子さんは一人っ子で、とても教育熱心ですが、かと言って無理に勉強させるような姿勢ではありません。このような家庭での雰囲気作りが、勉強のモチベーションを上げるのだな、と改めて感じました。

 

体験授業が終わり、先生に感想を聞いたところ、2つの改善点があることが分かりました。1つは「苦手意識」です。入塾当初は、平均より上位にいたものの、少しずつ下がってきてしまったことで、自信を無くしており、本来できる問題を取りこぼしているとのことでした。もう1つは「復習の仕方」です。得意な教科や単元ばかりをやりがちで、できないものにはフタをしてしまっていたことが分かりました。

 

最後に、生徒さんから「先生は毎週来てくださるのですか?」と丁寧な質問があったことが印象的でした。先生は「もちろんです」と言ってにっこりと笑いました。

PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.