志望校別 傾向と対策

  • 都立武蔵高等学校附属中学校の傾向と対策

    【選抜方法】

    都立武蔵高等学校附属中学校の選抜方法は、
    報告書400点+適性検査点1200点の合計1600点満点で選抜します。

    報告書
    5年生:8教科×25点満点⇒200点
    6年生:8教科×25点満点⇒200点
    合計400点

    ※8教科:国語・算数・理科・社会・音楽・図画工作・家庭・体育
    ※25点満点:成績表の3→25点・2→20点・1→5点で計算します。

    適性検査点
    適性検査Ⅰ:100点満点/45分※総合成績時に400点に換算します。
    適性検査Ⅱ:100点満点/45分※総合成績時に400点に換算します。
    適性検査Ⅲ:100点満点/45分※総合成績時に400点に換算します。
    合計1200点満点

     

    【対策】

    適正検査Ⅰ
    適正検査Ⅰは、平成26年度入試では長文2題で設問4問という構成でした。
    昨年同様に長文の内1題が口語訳付きの古文からの出題になりました。小学生は古文に触れる機会が少ないため、読むのに時間が掛かる文章になります。古文を読む上で口語訳を先に読んで内容を理解すると比較的読みやすいかと思います。適正検査Ⅰでは、与えられた文章を深く読み取り、課題に対して自分の考えや意見を、明確かつ論理的に文 章で表現する力を見ることを目的としていますので、内容理解だけでなく自分の考えをしっかり書く練習が重要になります。論述する上で、起承転結を意識して書くことが重要です。文章構成や段落構成も採点対象になるため、過去問を繰り返し解き、練習しておくことが重要です。日頃から文章を読む際に、ただ読むのではなく、自分の考えを持つようにし、その考えを文章化する練習をしておくと良いです。

    適正検査
    適正検査Ⅱでは、大問2題構成で社会分野と理科分野からの出題になります。適性検査Ⅱでは、身近な題材を切り口にした自然や社会等に関する文章や資料を読み取り、それらを分析し考察 する力や論理的に思考し表現する力を見ることを目的としています。問題のリード文が比較的長いことから文章内容を把握した上で問題に取り掛かる必要があります。また、図や資料を基に解くことになりますので、情報の分析から自分の考えを持てることが重要になります。題材自体は、馴染みやすいものになります。あくまでも小学校で学習する分野の知識というよりは与えられた題材から考えさせる問題構成になっていますので、正確に資料を読み取ることが重要です。資料を基にした、割合などの計算問題も出題されますので算数分野の知識も必要になるといえます。

    適正検査Ⅲ
    適正検査Ⅲでは、大問2題で設問数7問という構成で算数分野からの出題になります。適正検査Ⅲでは、課題を解決するための分析力や計画する力や、与えられた資料から科学的・数理 的な分析を行い、総合的に考察する力をみることを目的として作成されています。特に図形からの問題は立体図形を使った出題で正答率に開きが出やすい問題になります。大問2でも図形の展開図を利用した設問が出題されています。中学受験の図形問題は、いかに実際の形をイメージできるかで解けるかがポイントになります。他の都立一貫校でも出題されている図形問題は対策としては有効になりますので、繰り返し解くと良いです。イメージが掴めると比較的解きやすくもなります。また全体を通して、試験時間に対する問題文が長いため問題を読むスピードと読解力も重要になります。問題を読むスピードは問題文に多く触れる事でスピードを上げることができますので、過去問を中心に多くの問題に触れておくことが重要です。

     

無料資料請求無料体験授業
PageTop