志望校別 傾向と対策

  • 都立大泉高校附属中学校の傾向と対策

    【選抜方法】

    都立大泉高校附属中学校の選抜方法は、
    報告書200点+適性検査点800点の合計1000点満点で選抜します。

    報告書
    5年生:8教科×25点満点⇒200点
    6年生:8教科×25点満点⇒200点
    合計400点を総合成績時には200点に換算します。
    ※8教科:国語・算数・理科・社会・音楽・図画工作・家庭・体育
    ※25点満点:成績表の3→25点・2→20点・1→5点で計算します。

    適性検査点
    適性検査Ⅰ:100点満点/45分※総合成績時に200点に換算します。
    適性検査Ⅱ:100点満点/45分※総合成績時に300点に換算します。
    適性検査Ⅲ:100点満点/45分※総合成績時に200点に換算します。
    合計800点満点

     

    【対策】

    適正検査

    適正検査Ⅰは、平成26年度入試では設問3問という構成でした。
    文章内容は、今までと比べ比較的読みやすい文章になっており、小学6年生と中学3年生の職業希望に関する文章から職業について考えさせる内容でした。
    私立中学の入試と異なり、設問が全て記述問題になりますので、文章理解と記述力、自分の意見を述べる力が求められています。設問1では、筆者の述べたかった内容を要約する問題になりますので、文章を読む上で各段落ごとに内容を整理しながら読み進める必要があるといえます。設問2と設問3では、文章内容の理解から自分の考えを書かせる作文の要素の強い問題になりました。与えられた文章から課題を発見するとともに、自分の考えや意見を正しく表現して、適切な文章にまとめる力をみることを目的としていますので、問題で問われている内容に沿いつつ、自分の考えを踏まえ意見を述べることが重要になります。文章に触れる上で、ただ内容を理解しようとするのでなく、常に自分の考えも意識して文章に取り組むことが重要です。過去問等だけでなく、評論文や論説文などがあれば、読みながら自分の意見をまとめる練習をしておくと、スムーズに記述できる対策となります。

    適正検査Ⅱ

    適正検査Ⅱでは、平成26年度入試では大問3題、設問9問という構成になりました。
    適正検査Ⅰでは、国語の読解力・文章力が問われていましたが適正検査Ⅱでは、算数分野を中心に理数系の考え方を持っているか問われる問題となっています。範囲は算数だけでなく、理科・社会の範囲からも出題されていますが、理科や社会の分野からも資料を基に計算する算数要素の強い問題が出題されています。理科や社会の知識については、教科書の内容をしっかりと理解出来ていれば十分に対応できるレベルになっていますが、算数的な考え方の処理については、過去問や似た内容の問題を繰り返し解いていないと時間が取られてしまう可能性があります。大問3で出題された算数のサイコロ問題では、比較的難易度の高い問題の出題になりますので、ここまでにいかに時間を掛けずに解けるかが高得点を取るポイントになります。試験時間を考えて、時間配分や、どの問題に時間を掛けるかの取捨選択の力も必要になりますので、同校の過去問だけでなく、他の都立一貫校の過去問などにも触れておくことが重要といえます。

     

無料資料請求無料体験授業
PageTop