志望校別 傾向と対策

  • 金城学院中学校の傾向と対策

    算数(100点/50分)

    金城学院中学の算数は例年5題構成になります。
    大問1と大問2が小問集合になり、大問3以降が応用問題になります。
    大問1・2では設問数がそれぞれ10題ずつ出題され、各単元の基本的な問題が出題されます。四則計算から、特殊算、図形問題、比例など幅広く出題されますが、いずれも難易度は易しめですので、ここでしっかり得点を重ねられるようにすることがポイントです。平均点が例年60点前後で推移していますので、ここで得点をしっかり取れるかが合否に影響すると言えます。また、設問数が大問1・2で合計20問になりますので試験時間を考えるとあまり時間を掛けられませんので問題を解くスピードや時間配分も重要になります。
    大問3以降では例年、「場合と数」が出題されています。問題傾向はある程度決まっているため、過去問を繰り返し解いていくことで慣れて正答率が上がることが見込まれます。規則性を利用した問題も出題されていますので、作業問題なども練習として取り組んでおくと良いです。
    「図形問題」も頻出単元で、立体図形から容積や展開図の面積など求積問題が出題されています。上位難関校で出題されるような難問はあまり出題されませんので、塾のテキストの基本・応用問題や他校の図形問題を解いて練習しておくことが有効な対策になります。

     

    国語(100点/50分)

    金城学院の国語は、長文1題と詩・俳句1題という構成になります。
    長文は、物語文・随筆文が例年出題されていましたが、近年、説明文・論説文からの出題が増えてきていますので、どのジャンルの苦手を作らないように対策を取ることが必要になります。
    金城学院の特徴として詩・短歌・俳句からの出題が例年あります。塾ではあまり扱わないジャンルになるため、得点差の開きやすい部分になります。過去問を繰り返し解くのと合わせて他校でこのジャンルの出題をする学校の問題を解くのも有効な対策になります。
    論説文・説明文は、物語のように、主人公の心情を予想しながら解く問題ではなく、文章内に解答が書いてある事が多いですので、文章の内容・論旨などをどれだけ理解しているかと重要視していると言えます。読み解く際には筆者が述べたい要点をチェックし、各段落ごとでまとめて読み進めることで整理して内容理解が進められます。スピードと共に正確に理解することに意識を持って読むことが重要です。
    小説・物語は、主人公の心情を予想しながら読み進めなければなりません。小説はイメージの部分が多いので、日頃から小説や物語は読んでおくとよいでしょう。また、そのイメージを文章化して理解度や、表現力を確認しておきましょう。

     

無料資料請求無料体験授業
PageTop