志望校別 傾向と対策

  • 滝中学校の傾向と対策

    算数(100点/50分)

    滝中学の算数は大問5題構成です。
    大問1の小問集合は各単元から小問題が5問出題されます。しかし、四則計算なども簡単な問題ではなく、分数や小数を使ったミスを誘発するような問題が出題されますので、注意が必要です。
    頻出単元としては平面図形と、割合、場合と数が出題されています。図形分野では特に円に関する問題や、速さと絡めた複合問題が出題されていて難易度も高くなっています。問題集等でも円に関する問題に多く触れておくこと必要があります。
    その他の単元としては、速さと比や、場合と数が頻出になります。こちらも比較的難易度が高く、各単元の定番と言える様な問題は出題されませんので、過去問を中心に様々な問題パターンに慣れておくことが重要です。
    また滝中学では、近年解答用紙で考え方を書かせるスペースが設けられています。答えまで導き出せなくても、途中式で「どう考えて解いたのか」を明確に書き部分点をしっかり確保出来るように練習しておくことも重要になります。

     

    国語(100点/50分)

    滝中学の国語は大問2題構成です。例年、平均点が60点前後になります。
    小説・物語文から1題、論説文・随筆文から1題になります。論説文と随筆文では、以前は随筆文の方が頻出でしたが、近年は論説文の方が頻出傾向にあります。
    物語文は、比較的文章量が多いため、試験時間から考えると文章を読むスピードと正確性が求められています。文章を読み進めながら、登場人物の心情の変化や、情景の変化などに注意して要点を掴む練習をしておきましょう。
    論説文では、内容的には比較的読みやすい内容が出題されています。各段落ごとに要点を整理し、筆者の伝えたい内容を的確に捉えることが重要です。例年、50字前後の字数指定の記述問題が出題されています。問われている部分について、与えられた字数にまとめられるように日頃から記述対策はしておく必要があると言えます。
    知識問題については、長文内に含まれて出題されますが、他校と比べても比較的問題数は多いと言えます。平均点を考えると、知識問題は重要な得点源になりますので、特に漢字の書き取りについては対策を取り、しっかり得点に繋げることが重要になります。

     

無料資料請求無料体験授業
PageTop