四谷進学会による首都圏模試センター統一対策です

中学受験から大学受験まで、志望校の合不合判定に役立つ模試情報について解説します。

模試対策

首都圏模試センター統一

統一合判とは、首都圏模試センターによる首都圏中学入試用の模試で、のべ約7万人もの受験生が受ける、首都圏最大規模の模試です。中学入試業界で有名な「三大模試」の一つでもあり、「日能研センター模試」「四谷大塚合不合判定」と肩を並べる模試です。

首都圏模試の統一合判の特徴は、何といっても首都圏最大級であること。四谷大塚の合不合判定テストのほうが、全体の受験者数は多くなっていますが、首都圏だけに限ると、統一合判がトップだと言われています。

特に、中堅校以下に向けた合格判定の精度が高いとされています。四谷大塚の合不合は、上位・難関校の合格判定の精度がピカイチ言われていますが、中堅以下では判定不可とされている学校もある中で、首都圏模試はどんな志望校でも高い精度の判定が出ることでも大きな特徴です。同時に8校の志望校判定ができるだけでなく、ライバルの併願校なども掲載しているため、弱点の把握や併願校選択にも役立ちます。

受験者層の偏りがないことも一つの特徴です。四谷大塚や日能研やサピックスの模試は、その名の通り大手塾が運営していることから、在籍している塾生の割合が高くなる傾向が強くなります。入試本番では、同じ塾の生徒だけでなく、あらゆる受験生が混在していますので、そういった状況下でこそ模擬試験としての価値が生かされます。

問題の難易度は、他の模試よりも比較的易しめで、はじめて模試を受ける受験生にとっての使い勝手も良いといえます。問題による正答率が出ることはもちろん、「思考力診断」も掲載しており、「知識・理解思考」「論理的思考」「創造的思考」の3つをさらに難易度別で3段階に分けることにより、どういった問題で間違えているか、間違える問題の傾向は何かを素早く分析できるようになっています。

統一合判を受験した生徒に配られる「BREAK」は、単に解答・解説が載っているだけでなく、最新の入試動向や学校説明会情報が豊富に詰まった中学受験専門の情報冊子です。通塾していないご家庭であっても、この「BREAK」を読むだけで、受験で打ち勝つための必要な受験情報は手に入ります。各学校の特徴なども掲載されていて、志望校選びにも役立ちます。

PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.