志望校別 傾向と対策

  • 洗足学園中学校の傾向と対策

    算数(100点/50分)

    洗足学園中学校の算数は、構成として例年6題前後になります。
    例年、受験者平均点と合格者平均点で20点以上も差が開いていますので合否に最も影響を与える教科と言えます。
    前半の小問集合は基本的な四則計算や各単元の基礎的な一行問題になります。ここは、ケアレスミスに注意して、いかに得点を落とさないかがポイントになります。塾テキストの例題レベルは苦手単元もしっかりと解けるようにしましょう。
    後半部分は応用問題が出題されますが、特に図形やグラフを用いた問題が頻出です。特にグラフについては他校ではあまり重要視されていない問題でもありますので、本校の過去問を繰り返し解き対策を立てましょう。また後半問題に関しては、考え方や途中式を記入させる方式になります。考え方・解き方を明確に書くことで、解答に導けなくても部分点を取れることもありますので、日頃からしっかりと式を書くことを意識して学習に臨むことが重要です。

     

    国語(100点/50分)

    洗足学園中学校の国語は例年大問2題で長文2題という構成になります。
    長文は、1問は論説・説明文、もう1問は小説・物語という構成で、記号選択問題や用語の抜き出し問題が主な設問になります。記述問題も出題されますが30字の字数指定や長くても80字前後の問題になりますので、要点や伝えたいことを簡潔にまとめる練習をしておくことが重要になります。文章量が多く、試験時間が50分ということもありますので、大問1題に掛ける時間配分には注意が必要と言えます。
    論説文・説明文は解く際には筆者が述べたい要点をチェックし、各段落ごとでまとめて読み進めることで整理して内容理解が進められます。スピードと共に正確に理解することに意識を持って読むことが重要です。知識問題は、漢字の読み書きや、ことわざ、慣用句などが出題されます。塾のテキストの知識問題や洗足学園中学校の過去問題集を繰り返し解き、基礎知識を身につけておくことが必要です。

     

    理科(70点/社会と合わせて60分)

    洗足学園中学校の理科は例年大問4題構成になります。洗足学園の特徴として社会と合わせて60分という試験内容になります。
    各分野から大問1題ずつ出題され、幅広い単元から出題されるため、対策が立てにくい科目でもあります。まずは、苦手単元を作らないように、どの単元においてもしっかりと基礎を覚え、計算問題に関しては解き方のパターン、実験・観察問題に関しては結果に至る流れからを覚えておきましょう。
    出題方法も選択・計算・記述と幅広く出題されますので、過去問を繰り返し解き傾向に慣れておくことが重要です。

     

    社会(70点/理科と合わせて60分)

    洗足学園中学校の社会は例年大問3題構成になります。
    試験時間は理科と合わせて60分で、理科同様に各分野から幅広く出題されます。
    近年、一つの大問で複数の分野から出題される複合問題も出題されていますので過去問を解き、対策を立てておきましょう。例年、記述問題も出題されていますので、特に用語に関しては内容説明をできるように演習しておくことが必要になります。
    時事問題も例年出題されていますので、日頃から新聞やニュースに触れて、分からない内容等をしっかり調べておくことが重要です。

     

無料資料請求無料体験授業
PageTop