志望校別 傾向と対策

  • 豊島岡女子学園中学校の傾向と対策

    算数(100点/50分)

    豊島岡女子学園中学校の算数は、例年大問6題構成です。
    小問集合2題、応用問題2題になります。応用問題は比較的難易度が高いので小問集合での得点が合否に影響してきます。
    単元としては、「数の性質」「図形」「割合と比」が頻出と言えます。特に「図形」は平面図形・立体図形ともに頻出で難易度も高いため得点差が開きやすい問題と言えます。平面図形は図形の移動、立体図形は体積や展開図等を中心に対策をしておくことがポイントです。
    「数の性質」も例年出題されていますが、こちらは難易度は比較的易しい問題が出題されていますので基本をしっかり押さえて点数を取れるようにしておきましょう。
    全体を通して、後半に時間が掛かる問題が出てくるので時間配分を考えながら前半をいかに正確にスピードを持って解けるかが鍵になります。

     

    国語(100点/50分)

    豊島岡女子学園中学校の国語は、例年大問3題構成です。長文2題・漢字1題になります。
    長文については、1題は論説・説明文、もう1題は小説・物語という構成です。
    小説・物語は、主人公の心情を予想しながら読み進めなければなりません。小説はイメージの部分が多いので、日頃から小説や物語は読んでおくとよいでしょう。また、そのイメージを文章化して理解度や、表現力を確認しておきましょう。
    豊島岡女子学園の特徴として、記述問題が比較的少なめになっています。選択問題が多くはありますが、紛らわしい選択なども多く得点率に開きがありますので、要点をしっかりと読み込み、惑わされないようにすることが重要です。記述問題については、要点を捉えるのと文章構成として起承転結を意識して記述し、得点に繋げることが重要です。

     

    理科(社会と合わせて100点/50分)

    豊島岡女子学園中学校の理科は、例年大問4題構成です。各分野から大問1題ずつが出題されます。
    一番の特徴は、社会と合わせて50分という試験時間になるため時間配分とスピードが重要になります。理科に関しては、問題文が長いのも特徴ですので何を問われているのかを理解しながら読み進めていく必要があると言えます。グラフを使った問題や計算問題などは正答率に開きが出やすい問題になるので過去問を繰り返し解き慣れておくことが必要です。
    苦手な分野を作らず、どの分野においても基本を押さえておく事が重要で、得意な分野においては時間を掛けずに解けるようにスピードもつけておきましょう。

     

    社会(理科と合わせて100点/50分)

    豊島岡女子学園中学校の社会は、例年大問3題構成です。各分野から幅広く出題されます。
    理科同様に、理科と合わせての試験時間の為、時間配分が重要になります。
    選択問題だけでなく、記述問題も出題されますので語句の意味や単語の内容説明をできるように練習しておきましょう。単元としては、公民分野の出題割合が近年増加しています。時事問題も例年出題されていますので、日頃からニュースや新聞記事には注意を払っておくことが重要です。

     

    豊島岡女子学園中学校の学校インタビューはこちら

無料資料請求無料体験授業
PageTop