志望校別 傾向と対策

  • 青雲中学校の傾向と対策

    算数(150点/60分)

    青雲中学校の算数は大問5題前後になります。
    大問1は小問集合で、四則計算が4題前後、残りが各単元の基本問題になります。大問1で配点の約4割近くを占めていますので、落とせない問題と言えます。四則計算は、小数や分母が複雑な分数計算などが出題されますのでケアレスミスには注意が必要ですが、他の大問に比べ難易度は比較的易しくなっていますので、しっかり得点源にする事が重要です。文章題も各単元の基本事項からの出題になりますので、塾テキストの例題や基本問題をしっかり解けるように繰り返し対策を取ることが重要です。その他の単元では、「図形問題」「速さと比」「場合と数」等が頻出です。特に図形問題では、立体図形の体積等、難易度の高い問題も出題されますので、得点差が開きやすい問題といえます。過去問を解いていると比較的傾向が見えてきますので、慣れておくことも重要です。青雲中学校では解答用紙に考え方を記述するスペースはありませんので、解答が間違えてしまった時に部分点を狙う事ができません。計算ミスなどには特に注意をする事が重要です。

     

    国語(150点/60分)

    青雲中学校の国語は例年大問3題構成になります。長文3題で、ジャンルは説明文・論説文が2題、物語文・小説から1題になります。60分という試験時間で長文が3題出題されますので、時間配分と文章を読むスピードは必要になります。
    物語の場合は登場人物の心情について考えながら読み進め、説明文の場合は段落ごとの要点をしっかり掴みながら読み進めましょう。問題形式は、比較的選択問題や、抜き出し問題が多いですが、記述問題も数問出題されています。日頃から自分の考えを指定字数を決めてまとめ、問われている内容を要点をまとめて文章化する練習を積んでおくことが重要です。
    知識問題は、長文読解に含まれる形式で語彙や漢字等が出題されます。出題される漢字も難易度は決して高くありませんが、知識問題の量が他校と比べ比較的多い傾向にありますので、ここはしっかりと得点を重ねられるように漢字の問題集等を中心に練習しておくことが重要です。

     

無料資料請求無料体験授業
PageTop