プロ家庭教師の四谷進学会が推薦するベストチェック-小学生対象・教材情報です

四谷進学会は教材の販売を行っておりませんが、教材各社と連携しておりますので、ご希望の教材をご利用いただけます。

教材情報

ベストチェック-小学生対象・教材情報

■ 特徴
日能研ブックスの中学受験総復習用の問題集。中学受験で押さえておくべき内容がコンパクトにまとめられています。演習問題としては量が少ないので、あくまでもチェックのためのまとめ問題集として使用するのがいいでしょう。


■ 構成
算数 ― 数論17章、文章題28章、図形25章の合計70章でまとめられています。 各項目は次の通りです。
<数論>数の性質、規則性、場合の数 <文章題>割合、速さ、特殊算 <図形>平面図形、立体図形
巻頭には<弱点診断テスト>がついています。このテストを始めに解くことによって、現時点での自分の弱点を把握することができます。<弱点診断テスト>についている番号は各章の番号とリンクしていますので、どの部分から学習していけばよいかが容易わかるようになっています。またひと通り学習した後で、このテストを解くと、まだ理解できていない項目をチェックすることができ、復習用にも使うことができます。 各章はすべて<要点のまとめ>と<ポイント・チェック問題>が左右ページにふり分けて構成されています。左ページの<要点のまとめ>にはこの項目で押さえておくべきコツが書かれていますので、しっかり読み込んだ後右のページの<ポイント・チェック問題>を演習するのがいいと思います。ただ問題量はかなり少ないので、別の問題集で量をこなしてください。また、解答も説明があまり書かれていませんので、わからない箇所は先生に聞くなり、別の参考書で調べるなりした方がいいと思います。

国語 ― <語句・文法のチェック編>29章、<文章読解のチェック編>12章
最初に<語句・文法の弱点診断テスト>がついています。全てを網羅しているわけではありませんので、あくまでも自分の力のチェックとして使ってください。すべての章は<要点のまとめ>と<ポイント・チェック問題>で構成されています。<要点のまとめ>では設問ごとの読解方法などのポイントがかなり踏み込んで書かれています。ただ、小学生一人で説明を読み込むのは難しいと思いますので、できれば先生など大人に内容の説明を受けた方がいいでしょう。<ポイント・チェック問題>はコンパクトにまとめられていて、さっと問題を通すのには適しています。

■ 学習時期
学習の進み具合によって、「小5から」、「小6から」など個人差はあると思いますが、算数の場合、この問題集を使って学習するのではなく、ひと通り中学入試の項目を勉強した後のチェックとして使用するのがいいと思います。国語は学年に関係なく、早い時期から使っても十分に学習することができます。

PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.