プロ家庭教師の四谷進学会が推薦する4STEP-高校生対象・教材情報です

四谷進学会は教材の販売を行っておりませんが、教材各社と連携しておりますので、ご希望の教材をご利用いただけます。

教材情報

4STEP-高校生対象・教材情報

教材の特色

数研出版発行の教科書の傍用問題集。この問題集は学校採用専用書籍のため、書店店頭では販売されていません。数研出版から市販されている傍用問題集には、<オリジナル><スタンダード>がありますが、4STEPは<オリジナル><スタンダード>のちょうど中間、入試の中級ぐらいのレベルとなっています。4STEPには詳しい解答編(別売)はありますが、学校から支給されない限り入手するのは困難ですので、学校から配布された場合のみ独学用問題集として使用することができます。

教材の構成

基本から発展まで段階に応じて幅広く問題が収録されています。STEP A、STEP B、発展問題、演習問題、つまり4つのステップに分けられています。思考力・判断力・表現力の育成に特に役立つ問題には印がついています。

1.STEP A ― 重要事項の簡単なまとめのあと、STEP Aの問題が続きます。こちらは基礎力の養成のためのものであり、教科書の例・例題・問レベルとなっています。STEP Aの途中に例題が入ります。これには指針(考え方、解き方のヒント)と解答が例題下に書かれており、その例題の反復問題が続きます。

2.STEP B ― 例題があり、これにも指針(考え方、解き方のヒント)と解答が例題下に書かれています。例題で解答法をマスターした後、その例題の反復問題を解くようなシステムとなっています。脚注には簡単なヒントが書かれています。STEP Bは応用力の養成を目的としています。問題内容は教科書の応用例題・節末・章末レベルとなっています。

3.発展問題 ― 教科書では取り扱われないけれども重要な問題が掲載されています。

4.演習問題 ― 入試対策のための問題です。こちらもAとBの2段階に分けて収録されています。

日常の学習方法

学校で教科書等を使って学習した後に、演習として問題を解くようなカタチになっています。まずは授業内容をしっかり理解してください。STEP Aは授業の確認のための簡単な問題となっていますので、すべてきっちり解いてください。STEP Aでわからない問題がある場合は、もう一度教科書、授業ノート、学校で配布されたプリント等で復習してください。

STEP Aを全てマスターした後、STEP Bに進んでください。ここでは例題の解法をしっかり読み込んで理解してください。例題の時点でわからない場合は、先生等に質問して、不明な点を残さないようにしましょう。その後STEP Bの問題に進みます。例題や脚注のヒントを参考にして解いてください。わからない問題は、教科書、授業ノート、学校で配布されたプリント等を参考にして独力で解くことが重要です。一通り解き終わったら、解答を見て答え合わせをしてください。わからなかった問題は、解答・解説をしっかり読み込んでください。解説を見てもわからない場合は、先生等に質問してください。ここでもわからない問題を残さないことが重要です。STEPA、STEPBを解くことで、その項目をマスターすることができます。

定期考査対策

テスト範囲の内容を、4STEPを使って復習してください。何回も問題を解き直すことで、定期考査で余裕をもって解くことができます。あらかじめ先生に質問して、わからない箇所を残さないようにしてください。時間のない人、数学の得意な人は*の問題だけに取り組んでも効果があると思います。4STEPは全ての問題を解く必要はありません。

大学入試における学習方法

重要事項のまとめにざっと目を通し、STEP Aの*のついた問題に取り組んでください。全てできたら、STEP Bの*のついた問題に進んでください。ここまでの内容で不安がある箇所は、今まで学習してきた教科書、授業ノート、配布プリント等で復習し、先生に質問してください。*のついた問題が解けるようになったら、STEP A、STEP Bの*以外の問題に取り組んでください。このようにスパイラルに学習することによって、学習により効果が表れると思います。その後、随時演習問題に取り組んでください。

PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.