高校生・現代文-科目別勉強法|プロ家庭教師センター四谷進学会

ご家庭での自習をする上で学力向上に役立つ学習方法について解説します。

科目別勉強法

高校生・現代文-科目別勉強法

<現代文>には「重要語句を暗記する」とか「まずは公式を覚えて、解き方の演習を重ねる」のような学習パターンが通用しません。<現代文>はどのように学習してゆけばいいのでしょうか。



■定期テスト対策
定期テストは基本的には教科書の文章から出題されます。従いまして、授業中の板書、教科書本文をしっかり学習することに力を入れてください。まずは教科書を何度も読み返し、全体の内容を把握してください。そのうえでわからない言い回しがあった場合は、国語辞典またはインターネットで語彙を調べてください。読めない漢字、書けない漢字も新出漢字だけにとどまらず、全て調べて覚えてください。さて、この後板書を写したノートを検討してゆきます。先生が授業中に強調された部分は出題される可能性が高いので、しっかり覚えてください。教科書の本文の後ろに内容を理解するための問題が載っていると思いますので、解いてください。答えがわからない場合は正解例を覚えてしまいましょう。教科書ガイドが販売されている場合、それを購入して勉強するのも高得点を狙う近道です。

■大学入試対策
・漢字 ― 読み取り・書き取りだけでなく、様々な形で出題されますので、まずは志望校の出題形式を研究し、それに合わせて学習して下さい。もちろん高校3年間の漢字は必ず復習し、書けない漢字、読めない漢字があるときは必ず覚えてください。漢字は大事な得点源です。手を抜くことなく頑張りましょう。漢字の力を伸ばすことで、単に漢字の問題が解けるだけではなく、文章の内容を理解する力も一緒に手に入れることができます。

・長文読解 ― 論説文であっても小説であっても、問題文の学習量(どれだけ問題文を読んだか、設問を解いたか)が重要となってきます。多くの入試問題の文章を読み、わからなくてもどんどん解いていってください。そして、その後の答え合わせが重要であり、国語の成績が伸びるキーポイントとなります。自分の答えの正解・不正解に一喜一憂する必要はありません。解けなかった問題は≪解き方、着眼点等が書かれた解説≫をしっかり読み込んでください。もちろん正解した問題の解説も読んでください。その≪解説を読み込む≫という学習方法が、現代文の文章の因果関係、順接、逆説、対立などの論理展開を学ぶための一番手っ取り早い方法です。

・過去問 ― 受験勉強を開始する前の段階で志望校の過去問を解いてください。これはもちろん志望校の出題傾向を調べるためでもありますが、自分の弱点を見出すためでもあります。国語の場合、「未習内容があるので問題が解けない」ということはありませんので、早い時期に問題を解くようにしてください。そして自己採点をし、合格基準点と今の自分の実力の距離を測ってください。例えば、<項目として小説はある程度理解できているが、論説文は点数が取れていない>とか、<文章全体の流れが把握できていない>とか、<設問に対する答えの書き方がわかっていない>などです。それらの反省点を踏まえ、今後の学習方法を設定してゆきます。これが初期の過去問の使い方です。受験勉強中も期間を空けながらでかまいませんので、絶えず過去問を解いていってください。そして、最終チェックとして入試直前には最新の過去問を解いてみてください。同じ傾向の問題が出される場合があるからです。現代文の受験勉強は、過去問学習に始まり過去問学習で終わるのが大切です。

PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.