四谷進学会プロ家庭教師紹介ページです。片岡 良将先生の、指導歴、専門教科、インタビュー記事を掲載しています。

四谷進学会、片岡 良将先生のご紹介ページです。

片岡 良将 先生
指導歴
10年
教科
理科算数
学歴
東京大学卒業
強み
  • 理系科目の基本を分かりやすく図解。難関校まで対応。
先生へのインタビュー
四谷:片岡先生の教育へのお考えを教えてください。

片岡:一番大事なのは、自分の頭を使う楽しさを味わってもらうことと考えています。実際の指導の場面では、一方的に教えるのではなく、会話の中で理解の確認をしながら学習のサポートをするイメージで進めたいと考えています。そのため、丁寧に教える部分は各単元の基本までとし、基本ができてきた人にはヒントを与える程度にすることが多いです。また、慣れてきた生徒の場合、私が先に解法を教えるのではなく、生徒が先に解法を言い、後から私の解法もお見せして、良し悪しを議論するような関係が理想です。

四谷:自分から話すのが苦手な生徒には、どのようにして発言してもらっているのでしょうか。

片岡:無理に言葉を発させることはナンセンスと考えています。私は、ノートやテスト用紙の書きこみを見れば、およその考えが分かるので、それを見ながら会話をしたり、リアクションしたりするようにしています。また、少しずつ言葉を発する練習にしてもらえれば、という思いから、趣味や習い事、部屋に置いてある置物などのお話をしてもらう時間を作るようにしています。そして、会話の中で学習内容と結び付けられる要素が見つかれば積極活用します。

四谷:指導の中で工夫していることなどはございますか。

片岡:私の指導科目の理数系科目は、抽象的で問われている内容がイメージしづらい為に躓く場合が多いので、常備しているルーズリーフに図を描いたり、身近な例え話をしたりして理解を促すようにしています。また、自分の力で解き切ることによる達成感を味わってもらうことも大事かと思うので、「少し背伸びすれば届きそう」という程度の難しさの問題を用意するようにしています。

四谷:ご家庭との関わり方で心掛けていることはありますか。

片岡:私がすべきことは、ご家庭も生徒本人も学習に対して前向きになってもらえるよう努めることと考えています。精神的なことのご相談に乗ることもありますが、部屋や教材の整理、時間の使い方、自習室の活用など、簡単にできそうな物理的な環境整備のご提案をすることが多いです。

四谷:最後に勉強で悩んでいる生徒様へ情熱あふれるメッセージをお願いします。

片岡:悩むという経験は、それだけ本気で向き合ったからこそ生じたものではないでしょうか。私は、何かに悩んだ経験こそが、今後それを楽しめるようになるために最も大事な材料であると思っています。私の経験上、悩ましい状況を打破しようとするとき、楽しさを感じたことがあったからそのように思います。
私は、今我々が生きている社会が、本気で学習と向き合い楽しんできた人達によって発展してきたと思っています。そのため、学習することは苦しくない、むしろ楽しいものだと気づいた人が増えることは、より良い社会づくりのためのパワーになるとも思っています。
少し見方を変えれば、苦しいと感じている学習もきっと楽しいものになります。是非、私と一緒に楽しみ方を見つける旅に出ましょう!
PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.