志望校別 傾向と対策

  • 法政大学第二中学校の傾向と対策

    法政大学第二中学校の国語は例年大問3題構成です。

    長文は、小説・物語から1題、論説・説明文から1題というのが一般的なようです。

    文章量はやや多めです。読むスピードが遅い生徒さんだと、特に物語文で手こずることになるかもしれません。各種模擬試験において、常に規定時間内に終わらない生徒さんでしたらスピードをつける必要はありそうです。内容についての対策は不要でしょう。物語文の主人公は同年齢であり、論説文も一般的な小学生に十分理解できる内容といえるでしょう。

    法政大学第二中学校の国語では、選択肢問題への対応が鍵を握ると言えそうです。この出題の割合が多く、各選択肢が丁寧に作られているというイメージがあります。ここを確実に正解につなげていく必要があります。選択式の問題と解答を作る側から言いますと、「正解」を作る場合、まず核となる単語、表現を決めます。それは、設問から形式的なものを定め、本文から内容的なものを抽出してくるという流れになるのが一般的と思われます。そうして作られた「核」に具体的な説明を加えて、「正解」を作ります。出題者のその流れに、問題を解く側も合わせていくのが一番良いのではないでしょうか。法政大学第二中学校の設問は、この流れに沿った極めて基本的な良問と言えます。上記の手順に沿っていけば、十分に対処できると思います。安易なテクニックに走ることなく、ここを丁寧に行うことで、確かな実力が養成されるはずです。記述問題も同じ方法で、設問の趣旨を理解し、該当する本文を抽出することで核となる部分を決め、それに説明を加えていくというイメージで作成していく習慣を身につけるのが良いでしょう。法政大学第二中学校では、1問は必ず出題されていますが、十分に点数が見込める答案が作成できるはずです。

    知識問題では漢字の比重が高いです。同音異義、同訓異字を中心として、語彙力に裏付けされた漢字力の有無を測ろうという姿勢が見て取れます。ただ、出題されている漢字自体は頻出事項のものが目立ちます。標準的な漢字のテキストを3周くらいすることで万全の準備をしておいていただきたいです。

    その他の志望校別傾向と対策

無料資料請求無料体験授業
PageTop