志望校別 傾向と対策

  • 愛知県立高校の傾向と対策

    ≪合否判定方法≫

    愛知県の合否判定の方法は、
    内申点と学力検査点の比重は5:5になっています。

    県立の高校をA・B群の2つに分けて、各群で1校ずつ志望できる複数志願制度を採用しています。
    グループにより、入試日程・試験内容が異なります。

    第一志望者、第二志望者を合わせた中で学力検査点・内申点の順位が定員内に入っている受験者と、それ以外の受検者とを分け、順位の上位の者から合格となります。

    【学力検査点】
    5教科 各教科20点満点で100点満点

    【内申点】
    3年生の9教科の成績を5段階評価し、2倍にして計算します。

    3年生 9教科×5段階×2倍=90点

    合計90点満点

     

    ≪入試の傾向と対策≫

    ◆英語(20点満点/45分)

    大問1 リスニング
    大問2 英作文
    大問3 長文読解
    大問4 長文読解

    愛知県立高校入試の英語は大問4題構成です。
    大問1のリスニングは約10分なので、残りの大問3つを約35分で解かなければなりませんので、長文を読み解くスピードが重要になります。
    大問2は、英作文になります。ここでは、単語や文法の基礎や必要になりますので教科書に載っている文法はしっかり覚えておきましょう。
    大問3、4の長文読解では、説明文読解と対話文読解が1題づつ出題され、文章の内容を問う問題から英作文まで幅広く出題されます。ただし、しっかりと内容を理解してないと解けませんので、文法を整理して長文の内容を理解できるようにしましょう。また並び替えや英作文も出題されますが、英問英答形式の問題もありますので、受験前に英問英答形式の問題には慣れておいた方がよいでしょう。

     

    ◆数学(20点満点/40分)

    大問1 小問集合
    大問2 中問集合
    大問3 資料の活用・関数
    大問4 図形

    愛知県立高校入試の数学はAグルーブ入試では大問4題構成、Bグループ入試では大問3題構成です。
    大問1の小問集合は計算問題が中心ではあるが、全体の約35%の配点を占めているので、ケアレスミスのないよう気をつけなければならない。特に、2次方程式の問題は例年出題されますので、しっかりチェックしておきましょう。
    大問2に関しては、図形の基本的な証明問題などの中問集合になります。単元における基本的な例題をしっかり解けるようにしておくことが重要になります。
    大問4の図形問題に関しては、面積や体積の問題は例年出題があります。例年、正答率も低く得点差が開きやすい問題にもなっていますので、特に注意して対策をする必要があると言えます

     

    ◆国語(20点満点/40分)

    大問1 説明文
    大問2 随筆分または小説
    大問3 知識問題
    大問4 古典

    愛知県立高校入試の国語はAグルーブ入試・Bグループ入試ともに大問4題構成です。
    大問1の説明文は、読解力だけでなく知識も問う問題が出題されます。文章内に書かれている答えを導き出す練習と共に、文章を読む上での文法が語彙力が必要になります。
    大問2では小説の場合、主人公の感情を読み取り、文章で答える記述式の問題が出題されます。主人公の気持ちになって読み進めていく必要があるので、普段から小説を読んで慣れておく必要があるでしょう。
    大問3の知識問題については、漢字の読み書きや、基礎的な文法問題も出題されます。漢字に関しては、一つひとつの部首名や画数なども含めて関連付けて覚えておくとよいでしょう。
    大問4の古典も、例年出題されています。基本的な古文単語や文法を理解していれば、しっかり点は取れるはずです。Aグルーブ入試では漢文、Bグループ入試では古文になりますので、いずれもしっかり対策を取る必要があります。

     

    ◆理科(20点満点/40分)

    大問1 複合集合
    大問2 生物
    大問3 化学
    大問4 物理
    大問5 地学
    大問6 複合問題

    愛知県立高校入試の理科はAグルーブ入試・Bグループ入試ともに大問4題構成です。
    大問1・6の複合問題では、全体的な分野から幅広く基礎知識を問う問題がでます。
    大問2の生物では、植物・動物が出やすい傾向にあります。小問集合での出題と合わせると幅広くはなりますが、個別としては光合成や実験問題等は出題されやすい傾向にありますので押さえておきましょう。
    大問3の化学では、実験に関する問題が出題されやすいので、実験の問題をこなしておいた方がよいでしょう。その際に、使用する実験器具の名称や実験結果等も覚えておくと応用が効きやすいと思います。
    大問4の物理では、物体の運動エネルギーの範囲が出題されやすいと言えます。この範囲と共に電流の計算問題も出題されやすので、計算問題のパターンを掴んでおきましょう。
    大問5の地学では、天気・天体から出題される事が多いようです。ただし、毎年同じ分野から出題される事は少ないですので幅広い基礎知識が必要になります。また全体を通じて、記述問題も出題されますので、問いに対しての文章で回答する訓練もしておきましょう。

     

    ◆社会(20点満点/40分)

    大問1 歴史
    大問2 歴史
    大問3 地理
    大問4 地理
    大問5 公民
    大問6 公民

    愛知県立高校入試の社会はAグルーブ入試・Bグループ入試ともに大問6題構成です。
    各分野から大問2題ずつ出題されます。
    大問1・2の歴史では、歴史の並べ替え問題等が出題されていますので、それぞれの出来ごとの年代を整理し、流れを掴んでおきましょう。また写真や地図を使った問題も出題されますので過去問を繰り返し解いて傾向に慣れておくことが重要です。
    大問3・4の地理では、愛知県立高校入試の特徴でもある作図問題が出題されます。こちらも過去問を繰り返し解き、慣れておくことが重要です。
    大問5・6の公民は、政治か経済のいずれかから出題があります。またこちらでも資料からの内容の読み取りの問題も出題されますので、上記2問同様に資料を読み解く練習をしておきましょう。
    全体を通して、資料の読み取りやグラフの読み取りが幅広い分野から出題されますので、対策が立てづらい部分はありますが、自分の得意不得意を確認しながら広い理解が必要になります。

    その他の志望校別傾向と対策

    志望校別傾向と対策

無料資料請求無料体験授業
PageTop