志望校別 傾向と対策

  • 徳島県立高校の傾向と対策

    内申点と教科別傾向

    ≪合否判定方法≫

    徳島県の合否判定の方法は、相関型になります。
    内申点と学力検査点の比重は5:5になっています。

    内申点と学力検査点をそれぞれ10段階に分け、
    第1次選考として、内申点・学力検査点がともに募集人員の80%に達している生徒を合格にします。
    残りの20%に関しては、第1次選考で不合格となった受験者全員を対象として、内申点と学力検査点から総合的に選考します。

    【学力検査点】
    5教科 各教科100点満点で500点満点

    【内申点】
    1~3年生の9教科の成績を5段階評価し、さらに実技4教科に関しては2倍にして計算します。

    1年生 5教科×5段階+4教科×5段階×2倍=65点
    2年生 5教科×5段階+4教科×5段階×2倍=65点
    3年生 5教科×5段階+4教科×5段階×2倍=65点

    合計195点満点

     

    ≪入試の傾向と対策≫

    英語(100点満点/50分)

    大問1 リスニング
    大問2 リスニング
    大問3 文法、英作文など
    大問4 対話文
    大問5 対話文
    大問6 長文読解

    大問1・2のリスニングは2つで約8分ほどになります。大問1では絵や図の内容から選択する問題。大問2では、文や語句を選択する問題を出題されています。リスニングに関しては、始まる前に一通り目を通し、内容を事前に把握することで正答率を高める事が出来ます。
    大問3の文法や英作文は、比較的難易度の低い問題が多いですが、ここは配点としては高めに設定されていますので、取りこぼしのないように基本的な単語や文法はしっかりと覚えておきましょう。
    大問4~6は長文読解になります。リスニング、大問3の時間を考えると約30分で長文3問を解く事になりますので、全体を通してスピードが必要になります。長文読解でスピードを上げるには、単語や文法の知識と、長文への慣れが必要になりますので単語力と文法を覚えたら直前まで長文読解の量をこなして慣れておきましょう。

     

    数学(100点満点/50分)

    大問1 小問集合
    大問2 関数
    大問3 平面図形
    大問4 関数
    大問5 平面図形・空間図形

    大問1の小問集合に関しては、計算問題・確立・方程式等の基礎的な問題が出題されます。ただし、配点として約3割を占めていますので、正確性とスピードに注意して解くようにしましょう。
    大問2と4の関数に関しては、関数の基礎問題とグラフを使った文章題が出題される事が多いです。難易度の高い問題は、あまり出題されない傾向にありますので基本的な問題をしっかり演習しておきましょう。
    大問3と5の図形に関しては、平面図形が例年出題されています。特に図形の証明問題等は苦手な方も多い分、点数を開くチャンスになりますので、徹底的に演習しておきましょう。また昨年は空間図形からも出題がありましたので、抑えておく必要はあります。

     

    国語(100点満点/50分)

    大問1 小説
    大問2 説明文
    大問3 古典
    大問4 会話文

    大問1の小説は、漢字の読み書きや、文法問題も多く出題され配点も多くなっていますので、ここは絶対に落とさないよう基礎知識を覚えておきましょう。小説では、主人公の気持ちになって文章を読み解く必要があるので、日頃から小説には慣れておく必要があるでしょう。
    大問2の説明文では、筆者が何を言いたいのかを文章を読みながらラインを引き、問題に問われた時に判断できるようにしておきましょう。説明文に関しては、基本的に感情などを推測する小説とは違い必要な事が書かれているので見落とさない練習をしておくとよいでしょう。
    大問3の古典では、古文単語や文法の基礎的な部分を、しっかり覚えておくことが必要になります。
    大問4の会話文に関しては、資料のグラフを見て作文を書く問題が出題されました。作文は毎年出題されておりますので、文章を読み解く中で自分の意見を文章化できるよう演習しておきましょう。

     

    理科(100点満点/50分)

    大問1 小問集合
    大問2 生物
    大問3 化学
    大問4 地学
    大問5 物理

    大問1は小問集合で、各分野からの基礎的な問題が出題されます。難易度の高い問題はでませんが、大問1だけで約4割近い配点がございますので、基礎知識の定着はしっかり行っておきましょう。
    大問2の生物は、動植物を中心に幅広く出題があります。
    大問3の化学では、例年、化学変化、物質変化の分野が出題されています。化学変化については作図問題も出題されていますので、イメージとして化学物質の分野を覚えておく必要もあります。
    大問4の地学は、天気や地増の分野が頻出になります。難易度は決して高くはありませんが、問題数が多いのでスピードも重要になります。

     

    社会(100点満点/50分)

    大問1 地理
    大問2 地理
    大問3 歴史
    大問4 歴史
    大問5 公民
    大問6 地理・歴史・公民

    大問1、2の地理については、地図や統計資料の読み取りや、自然環境、産業等の問題が例年、出題されています。特に統計資料の読み取りについては、ほぼ毎年出題されていますので、慣れておいた方がよいでしょう。
    大問3、4は歴史で、こちらは古代から現代まで幅広く出題されているので流れをしっかりと理解しておく必要があります。
    大問5の公民については、基本的な用語をしっかり覚えておくことと表の読み取りの演習を行っておくとよいでしょう。
    また全ての分野において記述問題が出題されていますので、問題に対して、用語説明や流れ等を文章化できる様に練習をしておく必要があります。

    その他の志望校別傾向と対策

    志望校別傾向と対策

無料資料請求無料体験授業
PageTop