算数の重要単元ポイント(中学受験)|四谷進学会の受験お役立ちコラムです

ご家庭により良い「教育」をお届けできるよう、学校や模試センターと連携し、豊富な受験情報を収集しています。

受験お役立ちコラム

算数の重要単元ポイント(中学受験)

2020年05月31日

算数は学年が上がるごとに、難易度も上がり、躓きやすい科目です。中学受験では算数は特に周りと差がつく科目になります。今回は各単元でこれだけは押さえておきたいポイントや、日常で算数に親しむ工夫をご紹介します。

〇計算
繰り上がりのある足し算や、繰り下がりのある引き算、かけ算九九が入ってくると、難しくなり算数に苦手意識をもつ生徒が増える傾向にあります。また、引き算やかけ算が苦手な場合、割り算の余りのある計算に躓いてしまいます。計算は学年が上がるにつれて桁数も増えていきます。九九なら瞬時に答えを言えるくらい、数に親しんでおくことが大切です。

〇図形
図形は紙にある問題を解くだけでなく、イメージする力も大切になってきます。例えば、紙コップは円すいの一部というように、身近な物から図形を捉えるとイメージできるようになりやすいです。図形の問題を解く際に出てくる「高さ」「底辺」「底面」などの言葉の意味も認識できていない生徒も居ます。お菓子の箱でどこが何を表すか、子どもに問いかけることも効果的です。図形問題を解く上で、公式も大切になりますが、公式の丸暗記だけでは解けない問題も出題されるため、イメージする力を働かせながら、色々な問題に取り組んでみましょう。

〇割合
「もとにする量」「比べる量」など、小学生にとって聞きなれない言葉が出てくるので、躓く生徒も多い分野です。身近な環境から理解を深めるのであれば、例えばスーパーで売られている卵に「3割引き」のシールが貼ってあった場合、料金がいくらになるのか一緒に考えてみてもいいでしょう。割合の言葉の意味を理解することが苦手な場合は、式の立て方から理解する方法もあります。問題文中に「の」が出てくればかけ算、「は」はイコールに置き換えます。
例:1000円「の」4割「は」 ?⇒ 1000 × 0.4 = 400円

〇速さ
速さの問題に慣れるためには、まず「距離」「時間」の単位換算がスムーズにできるようにしておくことが大切です。例えば、100m→0.1kmや15分→0.25時間というような単位換算は躓きやすいです。公式であれば「距離=速さ×時間」となりますが、公式が成り立つ理屈を把握した上で問題に取り組むと、応用問題でも解き進めやすくなります。速さの問題を日常からイメージする為、電車やバス、車などの乗り物で、速度計の動きを見ながら速さを体感することも良いでしょう。

〇場合の数
場合の数はプログラミングにも直結しやすい力で、順序立てて漏れなくあらゆる可能性を考える必要があります。樹形図を書き、思いつく順ではなく、記号の順など整理しながら可能性を紐解いていきましょう。例えば、電車や徒歩で外出する時に、何通りのルートで目的地に行けるか、場合分けしてみてもいいでしょう。

いかがでしたでしょうか。図形や割合、速さは問題が抽象的であったり、複雑な場合があるため、家庭学習で繰り返し演習し、慣れていくことが必要です。特に、割合と速さは問題文の読解力も必要になります。問題文を注意深く読む習慣をつけていきましょう。苦手な単元もあれば、得意な単元もあると思います。全てを完璧にしようと焦る必要はないので、躓いた箇所から遡りながら力をつけていきましょう。

PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.