奈良県内の中学受験倍率動向と傾向-四谷進学会

四谷進学会は各地域の特性や受験動向に合わせてきめ細かく学習サポートいたします。

奈良県の中学受験の近年の動向

近年の動向

奈良県の中学受験動向 2014年度の関西圏2府4県における中学受験者数は、延べ応募者数で53,297名となり、前年度の54,900名から若干の減少となりました。統一入試解禁日となる1月18日午前試験での応募者も17,570名となり前年の16,823名から若干減少しています。
応募者数の減少は、近年の大学受験や高校受験の傾向でも挙げられている「安全志向」から本当に入りたい学校もしくは、確実に合格圏の学校を受ける方の増加が要因となり、合格圏より上のチャレンジ校の受験が減少していると言えます。学校側としても、少子化の影響を踏まえ募集人員を減らした学校が増えたことや、近年増加している午後入試の導入から入試期間の短縮化の影響も応募者が減少した要因の一つとなります。

2020年度の関西圏2府4県における中学受験者数は、延べ応募者数で61,683名となり、前年度より約5200名増加しました。統一入試解禁日となる1月18日午前試験での応募者も17,195名となりこちらも前年度より約180名増加しています。卒業予定の小学6年生の数が前年より減少している中で、受験者数が増えていることから、受験比率は年々上がっていることが伺えます。
人気校も午後入試を導入し始めたことにより、純粋に受験機会が増加したことが要因の一つといえます。また、大学入試の定員厳格化による私大の難化傾向による大学入試への不安も要因といえます。そのため、大学入試に強い私立一貫校への進学を希望する家庭や、内部進学で大学へ上がれる大学附属校への受験も人気を集めています。

特に関関同立の大学附属校は、数年前から人気を集めていますが、今年度も例年通り高い人気を集めました。上記記載のとおり、大学入試の難化傾向により、上位私大へ内部進学するための附属校受験は要望が高いといえます。この傾向は首都圏にも見られる傾向です。

大学附属校人気は年々上がっていますが、上位難関校は年度による大きな倍率の変化は少なく、安定した人気を集めています。特に最難関の灘中学につきましては、関西圏のみならず全国各地から受験者が集まっており、今年度も高い出願数と倍率となりました。特に首都圏からの受験者も増えており、首都圏御三家と併願する生徒も増えています。高い大学進学実績から、関西圏以外からの受験者も力試しと言う訳ではなく、合格後、実際に進学しているケースも増えているのも近年の動向といえます。

全体を通して、受験者は増加しており、高い進学実績や専門的な教育に特化したような特色を打ち出している学校では倍率も上がっています。学校側としても受験者増加・入学者の確保という点で、今後も専門化コースなどを新設する学校も増加することが見込まれます。


【対応市区町村】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、 葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町、生駒郡三郷町、生駒郡斑鳩町、生駒郡安堵町、 磯城郡川西町、磯城郡三宅町、磯城郡田原本町、宇陀郡曽爾村、宇陀郡御杖村、高市郡高取町、 高市郡明日香村、北葛城郡上牧町 、北葛城郡王寺町 、北葛城郡広陵町、北葛城郡河合町、 吉野郡吉野町、吉野郡大淀町、吉野郡下市町、吉野郡黒滝村、吉野郡天川村、吉野郡野迫川村、 吉野郡十津川村、吉野郡下北山村、吉野郡上北山村、吉野郡川上村、吉野郡東吉野村


PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.