奈良県の高校受験の近年の動向

近年の動向

奈良県立高校入試は大きく分けて二種類あります。
1つが2月中下旬に実施される特色選抜、もう1つが3月に実施される一般選抜です。

特色検査は、2011年度以前は普通科においても実施されていましたが、各高校の入試問題に独自性がない点などから廃止され、2012年度以降は専門学科・専門コースのみの実施に変更になっています。
特色検査の実施内容は、学力検査だけでなく、実技検査として各高校が作文・小論文・実験・口頭試問・面接などから2つ以上選び総合的に合否判定を行います。また学力検査においても一般検査の5教科試験ではなく、各学校が選択する3教科により実施されます。そのため、どの学校を受験するかによって科目別の対策において、違いが出てきますので志望校選択には注意が必要になります。また、特別選抜で合格すると一般選抜には出願できないため、その点においても注意が必要です。

一般選抜は、例年と出願状況や倍率についても大きな変動はありません。近年の動向として「安全志向」と言われていますが、大学進学実績を持つ上位難関校などは高い倍率を維持しています。中堅校等についても、年度によって多少の変動こそありますが、今後も現状と同様の倍率で推移することが予想されます。



入試の仕組み

■  合否判定方法
奈良県の合否判定の方法は、内申点と学力検査点の加算型で(内申点:学力検査点)の比重を(3:7)~(7:3)の範囲で各高校が選択できるようになっています。
内申点と学力検査点の合計点で定員の90%までは全員合格とし、定員の残りの10%については、内申点や面接等の総合所見をふまえつつ、学力検査点の高い順に合格とします。

■  学力検査点
5教科 各教科50点満点で250点満点

■  内申点
2・3年生の成績を9教科それぞれ5段階評価し、その内、3年生次の成績を2倍にして計算します。
2年生 9教科×5段階=45点 3年生 9教科×5段階×2倍=90点
合計135点満点


【対応市区町村】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、 生駒郡平群町、生駒郡三郷町、生駒郡斑鳩町、生駒郡安堵町、磯城郡川西町、磯城郡三宅町、磯城郡田原本町、宇陀郡曽爾村、 宇陀郡御杖村、高市郡高取町、高市郡明日香村、北葛城郡上牧町 、北葛城郡王寺町 、北葛城郡広陵町、北葛城郡河合町、 吉野郡吉野町、吉野郡大淀町、吉野郡下市町、吉野郡黒滝村、吉野郡天川村、吉野郡野迫川村、吉野郡十津川村、 吉野郡下北山村、吉野郡上北山村、吉野郡川上村、吉野郡東吉野村



無料資料請求無料体験授業
PageTop