熊本県の中学受験の近年の動向

近年の動向

熊本県の中学受験動向

熊本県の中学受験事情として前提にあるのは、地元の県立高校が大学進学実績を維持していることです。

熊本高校、済々黌高校などの県立トップ校が高い大学合格実績を誇るため、私立の位置づけとしては、難易度の高い大学に行きたいというよりも、私立中高一貫の良さや、公立への不安から受験を考えるご家庭が多いようです。

受験校の構成としては、国公立では国立の熊本大学教育学部附属中学校、県立一貫校の玉名高校付属中学校・宇土中学校・八代中学校の3校、私立は真和中学校、熊本マリスト学園中学校、熊本学園大学付属中学校などがあります。

国立の熊本大学教育学部附属中学校の卒業生は、熊本高校等の最難関校に多く進学することから、まず熊本大学附属中学に入学することが、大学進学に向けての目標になっていることが多く、中学受験生の多くが、熊本大学附属中学を第一志望として挙げています。

県立中高一貫校は、熊本市外に玉名高校付属中学校・宇土中学校・八代中学校の3校があります。県立の3校は受験日程が一緒になるため、県立校を複数受験することはできません。

受験方式も私立校と異なり、4科目受験ではなく、適性検査と呼ばれる総合的な問題形式の受検になります。文系分野と理系分野に分けて作成されており、記述問題の分量が多いのが特徴になります。そのため、私立校とは対策や勉強方法も異なってきます。各学校とも、設立当初は受験者数も多く倍率も高かったのですが、近年は各校とも落ち着きを見せ、倍率も2倍前後で安定しています。

私立中高一貫校では、それぞれ特色を生かした学校運営を行っており、一定の人気を維持しています。仏教系の真和中学校は、県内トップクラスの進学校でもありますが、教育の根幹を「報恩感謝」とし、人間教育も重視した内容になっています。熊本マリスト学園中学校はカトリック系のミッションスクールで、2010年に校舎を全面的に改装するなど、過ごしやすい環境を整えています。熊本学園大学付属中学校は、2011年に新設されました。付属高校は70年の歴史がある私立名門校ですが、中学を新設したことにより、入学しやすくなったと言えます。

私立中学校は熊本市内に集中しており、多くの学校が「奨学生入試」「専願生入試」「一般入試」と複数の受験方式を取っています。受験日程は「奨学生入試」「専願生入試」と「一般入試」で受験日程も異なりますので、同じ学校を複数回受験することも可能になっています。また、首都圏の受験と違い、受験日が11月下旬から3月上旬と広い日程で行われることから、受験日が重なる学校も少ないため、多くの学校を併願することも可能になっています。受験日も土日に集中しているため、連日の受験となることも少ないので、精神的にも体力的にも切り替えて臨めるという特徴もあります。

受験科目は算数・国語・理科・社会の4科目受験がほとんどですが、多くの学校で算数・国語が理科・社会の2倍の傾斜点方式を用いていますので、受験に臨む上では算数・国語を重点的に行う必要があるといえます。半数ほどの学校では4科目の試験の他に面接を課しています。面接方式も集団面接と保護者同伴面接とがありますが、共学校は集団面接、女子校は保護者同伴面接という傾向にあります。また、「奨学生入試」「専願生入試」「一般入試」の受験方式によって、面接を課すかどうかを分けている学校もありますので、志望校の受験方式は正確に把握しておく必要があります。


【対応市区町村】
熊本市中央区、熊本市東区、熊本市西区、熊本市南区、熊本市北区、八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、下益城郡美里町、玉名郡玉東町、玉名郡南関町、玉名郡長洲町、玉名郡和水町、菊池郡大津町、菊池郡菊陽町、阿蘇郡南小国町、阿蘇郡小国町、阿蘇郡産山村、阿蘇郡高森町、阿蘇郡西原村、阿蘇郡南阿蘇村、上益城郡御船町、上益城郡嘉島町、上益城郡益城町、上益城郡甲佐町、上益城郡山都町、八代郡氷川町、葦北郡芦北町、葦北郡津奈木町、球磨郡錦町、球磨郡多良木町、球磨郡湯前町、球磨郡水上村、球磨郡相良村、球磨郡五木村、球磨郡山江村、球磨郡球磨村、球磨郡あさぎり町、天草郡苓北町



無料資料請求無料体験授業
PageTop