志望校別 傾向と対策

  • 法政大学の傾向と対策

    法学部

    英語(150点/90分)

    法政大学法学部の英語は例年、大問4~5題構成で、長文読解が3~4題出題されます。時間も90分ですので、かなりスピードと正確性・時間配分が重要になります。英文の難易度自体はさほど高くはないのですが、出題テーマが社会問題や、インターネット等、幅広い分野から出題されますので、相応の知識も必要になります。また、長文読解の内、2~3題は英問英答形式になっていますので、過去問を繰り返し解き、慣れておく必要があります。全体を通して、選択式の問題になっていますので、しっかりと内容理解をできれば解きやすいと言えます。特に、指示語や繰り返しの表現、構文等はしっかりと確認して読み進めると良いでしょう。

     

    国語(100点/60分)

    法政大学法学部の国語は、大問3~5題です。現代文2題、古文1題が例年出題され、語彙問題、漢文が年度によって出題されます。現代文は、評論文が頻出になります。基本的には選択式の問題ですが、大問1題につき1~2問記述問題も出題されています。評論文の出題テーマは、英語同様に幅広い分野からの出題になりますので、過去問を繰り返し解くとの合わせて、新聞の評論文に目を通し、自分で要約するという演習も行うとよいでしょう。古文・漢文は、難易度は標準レベルになっていますので、教科書レベルの基本的な古文単語や文法、基礎知識を覚えておきましょう。時間が60分と短めになっていますので、現代文・古文・漢文で、どの問題から解いていくのかを予め決めて時間配分を考えながら解く必要があります。

     

無料資料請求無料体験授業
PageTop