四谷進学会による駿台模試対策です

中学受験から大学受験まで、志望校の合不合判定に役立つ模試情報について解説します。

模試対策

駿台模試

大学入試の大手予備校で知られる駿台予備学校が主催する、言わずと知れた模試です。河合塾や進研模試に比べると、受験者数自体は少なめですが、とにかく難関大学、医学部医学科に強く、他の模試を寄せ付けない精度の高さを保っています。難関大学を志望する上で、入試本番に匹敵するハイレベルな母集団でのたたかいとなるため、立ち位置は明白になると言えます。当然、偏差値は低めに出ることになりますが、志望大学の判定は甘めに出る傾向があります。作問は駿台の現役講師が担当しています。模試ごとに問題作成にあたる講師が変わるため、毎回の安定性に欠ける部分があるものの、入試本番も同様と考えると、かえって本番のシミュレーションの点では良いとも言えます。作問はもちろん、採点者の質も重視しており、丁寧な採点かつ詳細な解説により、間違えた問題の正確な検証ができます。問題の内容は、単なる暗記やテクニックでは対応できない、応用的な問題も多く出題されます。かといって難問奇問ではなく、重要事項や基礎知識の定着と、応用力や表現力をはかる問題となっています。成績表と答案は冊子となって返却され、受けたあとの管理も便利で、受験者目線に立っていると言えます。

模試の種類は、「駿台全国模試」「駿台全国判定模試」「駿台・ベネッセ模試」などがあります。それぞれ、難易度や母集団が大きく異なるため、別の種類での偏差値の推移は参考になりません。駿台・ベネッセ模試は、易しめに作られています。駿台全国模試は、駿台ハイレベル模試として、難関大学向けとなります。また、「大学別入試実践模試」では、東大、京大、一橋大、東工大、九大、名大、広島大、北大、阪大、神戸大、東北大の各大学の傾向をつかんだ模試となっています。

PageTop

●資料請求・無料体験授業のお申込みについて、一切料金は発生いたしません。教材販売や無理な営業等は一切行っておりませんので、ご安心ください。

Copyright(C)2019 株式会社四谷進学会 All Rights Reserved.